So-net無料ブログ作成

抽斗を作ろう...。(完成編) [木工作品]

昨夜はご近所に住む幼なじみ(同級生)たちと忘年会に騒いだ。 自分も含めて歳と共に酒の量が減ったようです。 若い頃は酒の勢いにカラオケスナックで歌いまっくたが、その元気は少し遠のいたようです。 『俺たち.....あと何年生きれるかな・・・?』 年の瀬に湿っぽく暗い話題に酒の味も濁しました。

さて、接着した抽斗.....背板の部分に溝を掘ってるので穴埋めを済ませ、はみ出た接着剤をノミで落として全体を#240程度のサンドペーパーで磨きました。 一応完成したので ワンコと記念撮影です。

hi01.jpg

着色せずにこのまま使うつもりだったが元々は、誰も見向きもしない古木

古っぽいイメージが相応しいと考えてオイルステイン(チーク色)を布で拭きました。

hi02.jpg

hi03.5.jpg

取っ手ツマミは取り外して無着色です。

何とか年内に完成して 今年の木工はこれで終了です。 午後からクルマを洗って久しぶりにWAXで磨きました。 冷たい風が吹くも 好天気にさほど指先がシビレなかった。

話は飛ぶが、木工の先生と呼んでいる書籍がある

hi03.jpg

【手づくり木工事典】  これは1990年5月に発行された物です。 この当時は電動工具は職人が使う物とされ高価な道具だったと思います。 手道具の使い方が理解しやすく書かれて 何かを作る時には参考書として読んでます。  近年の工具はすべてにおいて良いが、自分的には気に入った雑誌じゃなく あえて先生(書籍)と称えたいです。

来る2012年も隠れ家で 何かを作って楽しく過すだろう...。


nice!(2)  コメント(2) 

出会いに感謝! [日々時々]

激動の年...2011年も残すところあと二日  今日は晦日となり、今年の出来事がいろんなカタチで蘇ってきます。 一言では表わせない悲しみ、苦しみもありました。 それも今は忘れましょう...。

勝手な言い方かも知れないが、楽しかった思い出だけを残せばよい! 様々なカタチで偶然に出会ったこともありました。

来る2012年も新しい出会いが待ってると思う。

その時は、もう一度あの日のように 笑顔になれば それで良い...。

yu.gif  徳永英明/もう一度あの日のように...。


nice!(8)  コメント(2) 

抽斗を作ろう...。(組立て編) [木工作品]

昨日(12月28日)にて仕事納めにやれやれでした。  午前中は大掃除と言っても自分が作業する身の回りを適当にやり年始からの納品に向けて、いつもの業務でした。 半日で帰宅して.....夕方から仕事関係の仲間と忘年会...久しぶりに乗る自転車 めっちゃ寒かったです。

さて、今日は二日酔い気味で隠れ家のドアを開けました。 なんとか年内に終らせようと頑張りましたが電気ストーブの頼りない暖では誠に寒い木工でした。

引き出しの底板を接着

ass1.jpg

底板には厚さ5.5㎜の合板を貼り付けました。

溝を掘って差し込むつもりでしたが入れる物は軽量物ですし 何より加工する時間が無かったのが正直なところです。

そして問題のストーブで乾燥

ass2.jpg

今では見かけないほどの古いタイプの電気ストーブです。

一応、松下電器と表示してるから ナショナル製.....しかも純国産品です。 5個の引き出しは、クランプで締めて、乾燥中です。 その間を利用して【キノコ型の取っ手ツマミ】をサンドペーパーで角を丸く削り柔らかいイメージに加工しました。

引き出しの完成

ass3.jpg

ココまでの作業時間は朝8時から始めてお昼前に終了しました。

溝掘り加工

ass4.jpg

裏面、背板にも5.5㎜の合板を使うので深さ5㎜程度の溝をテーブルソーにて加工しました。 先ずサンプルを作り溝の巾、並びに深さをチェックします。

引き出しガイドを仮付けする

ass5.jpg

今回、この作業が一番厄介で失敗が許されない仕事でした。 予め引出しがスライドする位置をマーキングしてるが実際に箱との間が上下に適当なクリアランス(1~1.5㎜)が有るのか? そこでガイドを仮止めとして細い釘を仮に打ち、引出しを入れて箱がスムーズに引き出せるかチェックしました。  若干の位置が狂っていたので新たにマーキングしました。  

そして本打ち

ass6.jpg

20㎜のステン木ビスにて固定させました。 再度、微調整が必要だと考えて、この場合は接着剤は使ってません。 取り付けるガイドは引き出し前板の厚み分を引き下げる。ストッパーとしての役目も果たすのでサンプルを当て、ガイドの奥行きを決めます。

仮組みにて最終チェック

ass7.jpg

やっとカタチが出来上がりましたが各部のチェックを念入りにします。  傷んだ廃材(工場で使っていたパレット)なので痛々しいキズ さらには反りがあり接合部の隙間が目立ちます。

裏面も念入りチェック

ass8.jpg

合板の背板は問題なく収まりました。  良ければ分解して本組みします。

ass9.jpg

木工ボンドをタップリ塗って組立てます。 今、使える持ってるクランプを総出動させ

全体を締め上げて 只今、乾燥中です。

さて、晩酌です。 閉めきった隠れ家で 切り屑を吸って 喉がカラッカラ;;;

今夜はビールが旨いぞ!

明日も子供の頃からの付き合い仲間と夜から忘年会に出向きます。


nice!(1)  コメント(0) 

抽斗を作ろう...。(仮組み編) [木工作品]

どうも寒気が全身にすると思っていたら.....熱っぽいし 風邪をひいてしまいました。 鼻水と微熱程度なので常備薬.....【布亀の風邪薬】で今は元気ハツラツです。

午前中は、愛車パオのブレーキオイルをカーショップへ買いに向い、ついでに木工に材料(5.5㎜の合板)を調達して午後から隠れ家で木工作業になりました。

枠を仮組みしてみる?

ah1.jpg

切り込んだ合わせ部分の入り具合を確認するために仮組みして見ました。

同じに抽斗の前板を納めてみて隙間の確認もおこないレール(引き出しがスライドするガイド)の取り付け位置をマーキング...。

ah2.jpg

枠の中へダミーを作って前板を並べてみました。 隙間は上下、左右を最大1㎜としたいが実際に組めば、もう少し広くなると思います。 前板の確認後、5個の引き出しパーツを寸切りしました。

引き出しの組立て

ah3.jpg

側板と後板は、7㎜としました。 底板と木枠の後板には5.5㎜の合板 これは手持ちがなかったのでホームセンターにて調達しました。 接着して乾燥すれば底板を釘打ちします。

乾燥の合間に【取っ手つまみ】を作る

ah4.jpg

完成後に使うかどうか? まだ決めていないが適当な木片(ヒノキ)があったのでキノコのようなカタチにカット....丸く整形すれば木製の引き出しツマミに使えるかな? それより金属製が相応しいのかな・・・? 完成まで先は長いので検討してみます。  

明日から本業です。  あと二日行けば半日大掃除で仕事納め.....その日まで隠れ家は閉めきりとなります。


nice!(2)  コメント(2) 

そうだ!抽斗を作ろう...。 [木工作品]

まさにホワイトクリスマスですね・・・[クリスマス]

雪混じりの雨が降って...外はかなり冷え込んでます。

イグの今日、二人の孫たちがやってきて女房から【長靴に入ったお菓子】を散らかしながら食べてました。

オヤジの隠れ家(工房)も電気ストーブに頼りながら、朝から電動の音を轟かせています。 部屋の温度は12度満たないので.....本当に寒い木工です。 昨日、ボンドで接着した接ぎ材はクランプを外して表面を軽く鉋で均して この材料を使って何を作ろうかとタバコを吸いながら数分ほど模索?

ako 001.jpg

接いだ板は、まあまあだろうか.....隙間は0ではないが、さほど気になる程ではないのでOKとしました。 この材料で工房で使う抽斗(ひきだし)を作ることに決めました。 小さな道具も増えて作業テーブルも散乱気味に使ってるので 使う用途に応じた道具類を収納する抽斗が欲しかったのが本音です。

簡単な図面を引いて 寸法を出してみた。

■ 490X235X210 (高さ・横幅・奥行) 収納は5段式として部材の加工を進めました。

ako 002.jpg

外枠の組み方として【3枚組み継ぎ】 今回は、これで行こう! 縦になる部材は凸加工....これは問題なくカット終了したが凹になる部材はちょっと面倒な加工となりました。(2枚揃えてカットです。)

ako 004.jpg

テーブルソーで櫛状にカットして凹面を確保します。 腕がない木工なのでノコギリより加工精度が格段に良くなると思います。

抽斗の前板5枚を切り揃えて今日の作業は終了

ako 007.jpg

正直な話.....800W程度の電気ストーブでは もう寒くって鼻水が出てきます。  

我慢できず午後4時過ぎに隠れ家から飛び出しました。

晩酌も減らして 今夜は本気で年賀状作りに専念します。


nice!(3)  コメント(2) 

ハッピークリスマス [日々時々]

今夜は雪が積もりそうな・・・?

そんなイブになりそうですね!

今日の晩酌は、フライドチキンと毎度の発泡酒でしょうか、シャンパンなんて とてもとても;;;

xmas_02.jpg

favicon-youtube.gif お気に入りです.....Happy Xmas / Sarah McLachlan


nice!(2)  コメント(0) 

連休初日は部屋掃除;;; [木工作品]

休日になると朝は、ワンコの散歩から始まります。  6時半なのにまだ薄暗い路地からワンコと一緒に駆け出してご近所の公園まで向います。 気温も下がってかなり寒いです.....手袋も忘れてリードを引く手も指先が凍りつくように冷たい早朝散歩なのだ。 いつものコースをショートカットして半分程度で散歩はヤメ.....玄関まで走りました。

dax05a.gifMOMO...『もっと歩きたいなぁ~~。』

そんな風に吠えてたような? とにかく足腰が冷えて寒いオヤジなのだ!  さて、正月が近づくとやたらと掃除をしたくなる女房です。 普段からやればそんなに汚くならないのに...とか思いつつ換気扇の取り外しからエアコンのカバーを外し、さらには蛍光灯 おまけに『マジックリンが切れたからスーパーで買って!』などと追いまくられました。

午後からやっと時間がとれ 隠れ家で木工作業に勤しみました。

ata.jpg

厚さ17㎜のパレット廃材の板接ぎ....巾の細い板は使い物にならないので接着して板を接いでいます。側面をテーブルソーでカットしてボンド接着 2枚の板をクランプで締め込んで一晩乾燥させるのです。 反りを直しながらの接着は、プチ苦労します。

何を作る材料にするか?  接ぎ合わさる状態で物が決まるのですが、おそらく箱物になると思うのですが今のところは未定です。


nice!(1)  コメント(2) 

パオのアナログ時計を作る [DIY]

今年中にはなんとかしたい! そんな思いの中で2011年も暮れ行きます。 実は今年の6月末に登録した日産パオ.....自ら大阪は寝屋川陸運局へ向い、車両登録を済ませました。 あれから半年、前オーナーから引き継いだ【マグカップのアナログ時計】は今もお気に入りでフロントガラスの右隅にちょこんと鎮座してる姿がパオに相応しく誠に愛おしい。

aap01.jpg

ところがパオを入手した当時から時計の調子が悪く(時たま止まる?)どうにかしたいと模索していた。 実のところ子供の頃から時計を見ると分解したくなる衝動に駆られて.....目覚まし時計を壊したこと数回! とにかくネジ類を見ると回したくなるアホな男です。

aap02.jpg

自慢じゃありませんが時計を壊すことはプロ並ですが、時計を修理するなんて??? とか思いながら気がついた時には分解していた。

aap03.jpg

このタイプのアナログ時計は乾電池での動作じゃなくバッテリーから12Vの電力に動いてる物.....下手にイジると元も甲もなくダメにしてしまうと思いながらもバラしまくった!

aap04.jpg

ハッキリ言って.....なにがどうなってるのか見ても解らない???  が少し調べてみた? 動通してる線が3本あり 赤コードはマイナスアースへ接続されていると判明! 青コード又は、白コードはバッテリー直結のような気がする そこでもう片方のコードは時計に仕組まれたイルミネーション(ライト点灯時)接続されている事も明らかになった。  ココで疑問? 通常は時計が止まることがないが、イルミ点灯時には時計を動作させるコードがOFFになってる??? わずか3本のコードだがパズルのような複雑的電通と言おうか....原因追求も必要だが それを考えるだけでイライラするオヤジです。

aap05.jpg

今回は、徹底的に調査すべく ちょっと可哀そうな気がするがマグカップ時計は取り外しました。

そこで時計がないと不便なのでアナログっぽい時計を木工で自作しちゃいました。

aw00.jpg

使った時計はクロノグラフタイプの腕時計(笑) 着けるには恥ずかしい年頃なので放置していたヤツです。 55X55㎜ 厚さ20㎜の樫の木片に時計が納まる穴を掘って、ウォルナットのツキ板でフタをした簡単な作りです。 裏面には超強力なマグネットを埋め込んで完成です。 パオのダッシュボードは鉄板なので気に入った場所にペッタン! 

aw 006.jpg

パオには不似合いかも知れませんが、老眼でも時間はなんとか読めます。 走行振動に外れないか確認すべくプチっとそこらへんを走ってみました。  その結果、コノ位置が一番確認しやすと頷いたオヤジです。

aw03.jpg

街路樹のイチョウが散り、道路の片隅で寒さを凌いでいる.....買い物を急ぐ自転車の主婦、郵便局のポストには年賀状はコチラ.....そんな大阪の片田舎でした。


nice!(2)  コメント(0) 

棒ダラと年賀状 [日々時々]

何故に年の瀬になると何処もかしこも渋滞が多い!!! こんな日は部屋から出ずに年賀状でも書こう(印刷ですけど)と思うがネットを検索しても中々気に入った年賀状が見つからない?

さて、我が家では棒ダラの臭いで迫る新年を感じ取る 女房がスーパーで予約しておいた品を差し出してこう言った 『毎年値段が上がるわぁ~~!!!』 加えて『一尾買ったら破算やわぁ~!!!』 さらに『片身でも5000円以上やて!!!』 追い討ちをかけるように『お正月のお酒...安もんにしとこ 』 などとボヤキながら『三倍に大きくなるから鍋に入るサイズに切って!!!』   と手渡された;;;

aab1.jpg

これは、我が家では例年の行事でもある。 干されて堅くなった鱈は、出刃包丁なんかで切れない! そこで去年は木工で使ってるテーブルソーで切り裂いた。 これが失敗だと後で分かったのだが....電動で切れば、細かな切り屑になり神聖である【オヤジの隠れ家】がいつまでも臭い!!! 胸が悪くなるくらいに鱈の臭いが何日も充満するのだ。  

で今回は、最適な道具を使って メデタク切りました。

aab2.jpg

手動のノコだが超薄刃と細かな刃でとても良く切れる代物なのです。 ホゾ切りとか精度が必要な時に使うノコギリ.....アメリカ製の商品名で笑えます 【ピラニア】 なるほど魚が魚を切る....絶好の道具です。

ココまでやれば後は女房の仕事 身を鍋に漬け込むと家中が臭くなるが これも我が家の風物詩として諦めざる得ない。

家族も含めて好物である酒の肴【棒ダラ】 ちょっと待ち遠しいかな...?

aab3.jpg

 

肝心な年賀状作り.....プリンターのインクジェットがまた不足気味;;; 賀状の挨拶は、控えた方がよいと申す女房.....何かと忙しさに追いまくられる日曜日です。

せめてハッピーであるクリスマスカードを作ったりしてみた...[クリスマス]

aab4.GIF


nice!(1)  コメント(2) 

パオ...OIL激減にプチ凹む? [PAO]

久しぶりに駐車場に並んだ我がラシーン&パオ お借りしてる青空駐車場ですが、ガレージ管理人に無理を言って『離れて借りている場所ですが、なんとか2台並ぶよう保管場所の移動をお願いします。』 管理人の方も親切に手配してくださり感謝! との事で先月から横並びを確保しました。 一方、今は息子が管理しているラシーンは、仕事関係のすれ違いに並ぶ機会は極めて少ない。

ap0.jpg

ラシーンは前回の車検でオイル漏れも完治されて安心しているが、ほとんど乗りっぱなしの息子...外観の汚さは目をつぶるとして事故もなく...エンジンも調子が抜群ならそれで良い。

さて、気になるパオのエンジン状況は?

ap1.jpg

とにかくメンテナンス性の悪さに毎度の如く呆れます;;; 中央に黄色のツマミがオイルゲージ これを引き抜くことは誠に簡単だが収める時には一苦労する(ゲージが入る穴が見えない?) でも今は、それなりのコツを掴んで数秒でスッポリ! 物事すべて慣れなんですね(笑)

■自分なりのやり方...シャツの袖をまくり軍手を着用 右手でオイルゲージの先をつまんで穴を探る?ゲージの先を穴に入れば左手で黄色い部分を押し込む! この時、無理に押し込むとゲージが曲がるので適当な強さがコツでしょうか。但し、エンジンが冷えている時は良いが、高熱の場合は汚れてもよい服装で望むべし   他に正しいやり方を知ってる方、是非に伝授をお願いしたいです。

オイルゲージを検証してみた?

ap2.jpg

今更ではないが、オイルの量はL~Hの間のギザギザ範囲内であればOK! ウエスで何度も拭き取りその量をみるとギザギザの半分の位置まで減っていた。 一応、オイルの交換時期は3000kmを目安にしているが今のところ2000kmちょい...自然燃焼も考えられるが減りが早いかな? 下回りから漏れの確認は出来ない....先日、プラグを抜いた時に1番シリンダー部分からオイルがベッタリを見た! ヘッドカバーからの漏れなのか定かじゃないが20年以上経過したエンジンだから仕方がないかと この場は諦め 指定オイル10W-30を注ぎ足した。

ap3.jpg

ギザギザの上限までオイルを補充してみた。 冷えきった汚れオイルと新しいオイルの分かれ目がギザギザ中央部で判る。  これで一先ず3000㎞あたりまで乗ってみますか(多分大丈夫でしょう?)

硬化したゴム製オイルフィラーキャップ

ap4.jpg

耐熱性のゴムでも年数と共にそれなりの劣化というか硬化してるようです。 そこらへんのカーショップでオイル交換を依頼すれば多分、嫌がられるほどキャップが硬い・・・難い? オイル交換の前にキャップ交換を申し付けられるであろう! で、そのキャップを検証してみた。

ap5.jpg

問題の部分はラッパ状に広がり硬化した入り口にあると判明! そこで出張った部分(角の周囲)をカッターで切り落とした。これによりキャップの閉め開きが楽.....機密性も大丈夫ですが、次回の車検までには何とかしたい気になるゴム製キャップです。  オイルの補充を済ませてエンジンを暖気運転してみました。

ap6.jpg

オイルの燃焼は確認出来ないが、マフラーからの水滴は、快調の証拠  アクセルを踏み込めばマフラー内に不着したカーボンと一緒に水滴が滴るようです。

ブレーキオイルも減ってます???

ap7.jpg

オイル量の上限と下限の半分には驚きました。 ブレーキハッドの減りなのか、各接続部の漏れ、リアのブレーキシリンダーの漏れなのか? 原因が何処のあるか 早急に対処しないといけない危険な証ですね! 今回は補充で様子を見てみます(呑気なオヤジ)

パワーステアリングのオイルは・・・?

ap8.jpg

これも面白いくらいに減ってました!!! もう笑うしかないっしょ! コレも補充します。

オートマのオイルは・・・?

ap9.jpg 

中央のツマミ(白っっぽい)を引き抜けばオイル量が測定できるゲージがあります。 写真にはないが、このオイルは全く問題ナシ! コレが減り、異常な色に変色しているとATはダメだと思っています。オイルの色は少女の頬のように澄み切った赤に.....ほっとしたオヤジです。

エンジンの要...ラジエターは・・・?

ap10.jpg

クーラント(冷却水)の色は薄いが問題ナシ  錆びのような褐色、黒っぽいオイルが見えたならヘッドを外してエンジンをオーバーホールが待っている。 冷却水の交換は、オーバーヒート対策として定期的に行なわないといけない大事なメンテナンスなので.....やり方を聞いておきます。

旧車のオーナーとして、自分で出来ることは.....楽しくD.I.Y.でやってみます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。