So-net無料ブログ作成
バイク ブログトップ

僕の宝物 [バイク]

3・17 東日本大震災...あれから2年の歳月が過ぎました。 あらためて被害に遭われた方々にご冥福を祈るとともに 未だ見つからないとされる行方不明者の数々...心がつまる思いです。

さて、誰にでも在る宝物...人様から見れば、つまらない物だったりします。 それがちっちゃなバイクだったら尚更でしょう;;; この歳にして50ccの原動機付き自転車 HONDAモンキーだなんて...ちょっと恥ずかしいと思いながらも 立派な宝物なんです(//∇//);;;

z50_01.jpg

ナンバープレートを返却して永年、押し入れに仕舞っていたのですが、そこはバイク好き(原付に限る)(〃ω〃);;;  乗りたくなって...ナンバー交付 バイク仲間と近場のツーリングで楽しみました。

z50_02.jpg

定期的(ちょっとズボラ)にメンテナンスを行い 最高のコンディションを保ってましたが...このところ放ったらかし!!!  このまんまじゃ 今以上にサビと劣化を待つ状態になってます。 宝物ではあるのですが、処分しようか? また押し入れに仕舞い込むか???   宝の持ち腐れになっちゃいそうです;;;

you.JPG UPしてみました(//∇//);;;

スマホはクリックで開きます⇒ HONDA Z50J-1


nice!(5)  コメント(2) 

モンキー燃料漏れ修理 [バイク]

久しぶりに晴間も見えた梅雨の中休みでしょうか、西日がとても眩しかったです。 仕事からの帰宅時にはパオの三角窓を全開にして走っていると梔子(くちなし)の甘い匂いが車内を包んで...なんとも言えない心地良さを感じました。

さて、1979年製だから今から30年以上も前に限定で生産された 6V(ボルト)モンキー通称【東京リミテッド】を所有してます。

bk00.jpg

■写真は某サイトからの拝借です。

今から15年ほど前に中古バイク販売店から入手した物です。 可能なかぎりオリジナルを残したいのですが、シートはボロボロだったので交換...(オリジナルのブラウンシートは捨てずに所有)バックミラーは欠品していたのでカブ用を使っています。 メーターの積算計を見れば、4,000㎞? これが実走行か定かじゃありませんが、各所の錆びは別として磨耗を検証すれば、信じれる数字とも思えます。

30年の経過と共にゴム類の劣化...燃料がキャブレターから極微量ですが、滲み出る始末なのです。漏れた燃料が走行中に熱をもつシリンダーに落ち、臭いが気になっていたのも事実...何とかしたいと思っていたら バイク仲間から吉報があり【キャブのリペアパーツ】が手に入るとの事で部品を届けてもらいました。

現状と交換作業から

bk01.jpg

社外品ですが、キー付のガスキャップを使ってました。 けど...ゴムの劣化に燃料が漏れる!!! 仕方なくオリジナルに交換しました。 

bk02.jpg

けど...これもゴムの劣化!!!  キャップを新品? 交換部品が在れば良いのですが...。

bk03.jpg

キャブのリペアーパーツに合わせて先日届けてもらいました。 新品のゴムパッキンだから少し固めのキャップ回しだけどピッタリ! タンクを激しく揺らしてテスト...漏れの心配はOK!

ON←→OFF付きのガスキャップに戻しました。

bk04.jpg

タンクからの燃料漏れは一安心です。  但し、OFFのまま走行しているとタンク内が気密されエンジンが停止する!!!  何度か経験あり;;;

キャブレターを分解修理

bk05.jpg

手入れの悪さにかなり汚れたエンジン部分なのです 特に問題のキャブは、汚すぎます。

bk06.jpg

適当な工具を使って取り外したキャブレターとエアクリーナーです。 クリーナーボックスは、元々黒いプラスチック製でしたが見栄えと好みで...後に金属製に交換しました。

bk08.jpg

■キャブレターのパッキンセット には燃料コック用の2枚がありましたが タンクから燃料の抜き取り時間がなかったので次回のメンテ時にやる予定です。

bk11.jpg

キャブ(フロート室)のパッキンは、案の定ボロボロでした。  各部分を掃除して新品のパッキンに交換した写真です。 中央にあるメインジェット...圧入されているのか?(本来はマイナスネジ)だと思うのですが? 外せなかったです。 (バイク仲間のJINさんに聞けばよかった!!!)

bk10.jpg

ドレンツマミのパッキンは、切れてました! 特に漏れは見当たらなかったけど 交換すればしっかりと閉まります。  

その他、マニーホールドのOリング交換 キャブを慎重に組立て 取り付け後、10分ほど暖気運転しました。 アイドリングが不安定だったので少し薄い目にキャブを調整...安定しました。 漏れのチェックは全然OK!  

ついでにオイル交換(戴いた凄いオイル)

bk12.jpg

ホンダ純正の最高級オイルとされる G4 0W-30 しかも20ℓのペール缶で頂きました! 満タンではなく約、半分くらい残ってます。 オートバイ好きの方が、降りたので不要となりの事情ですが、高回転重視のビッグバイク専用オイルが果たして遠心クラッチの50ccに合うのかどうか? ネットで調べると居ました! 一人はノーマルカブ そしてもう一方は、12Vモンキー どちらも問題なく 逆にエンジンの吹き上がり、また静かになったと好評だそうです。

そんでもって オイル規定量をブチ込みました!

bk13.jpg

オイル交換後、試乗を兼ねて 東大阪方面(買い物用事)約20㎞走行してみました。 感想は...確かにエンジン音が静か! パワーアップは体感できるほどではないが、吹き上がりの滑らかさが違うと実感しました。 気になるクラッチの滑りは今の所問題ないようです。 ギアチェンジの時に『ガッチャン!』が、少し和らいだ感触ですが、すべてにおいて結果オーライだと言うのはどうでしょうか? 信貴山の登りでエンジンのタレが起こさなかったら...今度、チャレンジしてみます。

エンジンには それなりの定められたオイル・・・?

原付如きで あまり難しいこと考えない ズボラなオヤジです...。 


nice!(1)  コメント(1) 

大和民俗公園...ぶらり散策 [バイク]

いつも思うのですが、自分も含めて人間の愚かさを 悲惨な交通事故から感じます。 あってはならない居眠り運転...日々のゆとりをもう少し持てば、そこまで至らなかったと側面から思ったりします。

さて、奈良県は郡山市に【大和民俗公園】が在ると知り、バイク仲間のJINさんと連れ立って 久しぶりに乗るちっちゃなモンキーを走らせながら散策ツーリングに向いました。 今の時期、新緑が本当にきれいです。 写真を撮るのが下手な僕でも...『美しく撮れたやんか!』などと喜んでおります。

そんなショットを数枚披露

amm01.jpg

道中で調達した【ほか弁】を何処で食べようと散策した結果、水車小屋がある菖蒲園に決まりました。 天候は晴天じゃなく曇り空が丁度よいです ベンチに腰掛けて仲間が持参した缶ビール(ノンアルコール)をグビグビと喉を鳴らせながら...プッハー!!! 弁当の定番お茶より これイケマスねぇ~~♪♪

amm04.jpg

腹も適度に膨張して...園内をぶらりと散策しました。

大和の民家(重要文化財)

amm6.jpg

築200年以上経過した民家を移設展示...藁葺きの屋根は、まんが日本昔ばなしで見たその物!敷居を一歩跨げば その当時に暮らす様子が見え、電化設備はない時代だったかも知れないが、暖かな環境を感じました。 厳しさに耐えられる民家、これが本当の住まいだと実感!  

仲間を誘って また来よう!

コースは 【法隆寺】→【大和郡山】→【信貴山】  ゆったりと半日楽しめました。

amm03.jpg

↑ 法隆寺(世界遺産)にて  仲間に撮ってもらいました(モンキーちっちゃ!)

↓ 信貴山とっくり池にて仲間のモンキー(サイドカー)とツーショット

amm02.jpg 

散策の様子をアルバムにしてみました・・・favicon-youtube.gif


nice!(2)  コメント(4) 

オイル交換...(郵政カブ) [バイク]

昨日の雪空から打って変わって プチほこほこ陽気の大阪でした。 

さて、明日からバイク通勤となりました。 実は今の会社、基本的にはクルマ通勤禁止なのです。 で、裏通りに駐車して今まできましたが、その裏通り...道路の補修工事が始まるらしいと噂があり余儀なくバイク通勤になります。 2月半ばといえ まだまだ寒い朝晩です。

郵政カブのオイル交換

au02.jpg

カブのオドメーターは、正確な数字じゃないと思うけど 31378㎞を指しました。 オイルの交換時期は、適当ですが、1000㎞程度だと思います。 バイク通勤をキッカケに本日交換します。

オイル交換の用具

au03.jpg

自宅で簡単に行なえるので【専用グッズ】なる物を持ち、オイル交換をスムーズ化してます。

用具は 【廃油受け】 適当なプラ容器に穴を切り取り タレ流れる廃油を回収します。

■オイル補給用ポット  園芸用のジョーロ 100円ショップで買った物です。

その他として556の潤滑スプレー、ウエス、工具は17㎜のメガネレンチです。

au04.jpg

オイルの抜き取りは、エンジンの裏側に在る17㎜ボルトを外せばOK! 先ずエンジンを暖気させて、オイルを温めると抜けが良いと思います。

オイルの粘度

au05.jpg

特に規定はないと思うがHONDA純正のオイル 10W-30がカブには適合してると聞きました。 逆に高性能オイル使用すると遠心クラッチの滑りが出るとの事です。

au06.jpg

バイクを少し傾けたり....オイルがほぼ完全抜ければドレンボルト17㎜を確実に締めて、新しいオイルを規定量(700cc)を注ぎます。 この時、オイル缶ではタレこぼれるので園芸用のポットの出番です。 事前に計測して目印となるステッカーの上限が、ほぼ700ccです。

au07.jpg

オイル注入口に差し込んでオイルを注げばOK! 粘りがあるので ここまま数分放置プレイです。 注入が終れば一応、規定量を目視します。 ゲージキャップをしっかり閉めて、オイル交換は、完了しました。 後、抜き取った廃油は捨てるような汚れたウエスに染み込ませて捨てますけど;;;

各部のメンテナンス

au08.jpg 

前後ブレーキの遊び調整、ドライブチェーンの伸び点検、タイヤの空気圧&磨耗点検ぐらいでOKでしょうか。

au09.jpg

明日から寒風に顔を殴られながらバイク通勤です。 (道路の凍結してたらどうしょう???)  

春遠からじの昨今、気合を入れて...法定速度の30㎞を守り、トコトコ走ります。


nice!(5)  コメント(4) 
バイク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。